top of page

予約必須 銀座の和菓子 空也もなか



いつか食べてみたいと思っていた「空也もなか」


夏目漱石の小説「吾輩は猫である」の中にも登場するこのもなか、創業135年以上になるそうです。


銀座のシャネルの横にあるお店は、開店前から行列でした。





でも、当日ならんでも予約してないと購入できないんですよね。


予約必須です。


「ここ銀座で、安くて美味しく、体に優しい安全な和菓子をできる範囲でつくり、その日のうちに売り切るのが空也スタイル」


と、箱の中に入っていた紙にも書かれていました。


予約は電話オンリー、通販なし、カード決済なし(現金のみ)というスタイルを続けていらっしゃいます。


変化の多いこの時代の流れの中で、変わらないことがすごいなと思いました。


ということで、食べてみたーいという方は、電話で事前予約をしてくださいね。


空也 03−3571−3304

営業時間 10時から5時(土曜日は4時まで、日曜祝日はお休み)


なかなか繋がらないので、根気よくかけてみてください。




今年は、木星も牡牛座、天王星も牡牛座の20度辺りを移動しています。


職人のこだわり、変わらない商売スタイル、現金販売。。。


空也もなかのスタイルの中に牡牛座を感じました。


保存料を使っていないあんこは甘くて素朴な美味しさ。


朝から2つぺろっといただいてしまいました。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page