子供の言葉の発達と水星


2月はあっという間に過ぎていきますね。


先日、澤恵先生と3月以降の天体の動きを見ながらお話しする機会がありました。


星の動きと、社会の流れと、お客様のチャートとをどのように捉えていくか、考えを深めることができました。


そのお話しの中で、注目していたことは、天王星が牡牛座に移行することと、そのあとにはじまる水星の逆行です。


水星はコミュニケーションに関わる星と言われています。

3月6日から28日まで逆行します。


逆行中は、契約や商談が上手くいかず、仕切り直しになったり、通信障害が起きたりすることが多いようです。頭の片隅に入れておいてくださいね。


さてさて、本題です。


先ほども触れたように、占星術で水星はコミュニケーションや学習の仕方を読むことができます。


私の子供の実体験が、ぴったりなので、今日はそのお話し。


息子は、水星逆行中に生まれました。


言葉を話し始めるのが非常に遅く、コミュニケーションも上手くとれず、とても心配しました。


男の子は言葉が遅いから。。。。

バイリンガルは言葉が出てくるのが遅いよ。。。。


と言われるものの、長男の時にはスムーズに話せるようになったので、どうしたらいいのかなと考えることが多かったです。


日本で小児科に相談した時には、自閉症スペクトラムだと言われました。


オーストラリアで、小児科に見てもらうと、自閉症スペクトラムではないという診断。


もう、何を信じていいかわからない。

どんな風に教えていけばいいのか迷うこともありました。


5歳を過ぎた頃から、急に話せるようになり、会話が成り立つようになりました。


プログレスを見ると、ちょうど5歳になった頃から、逆行していた水星が順行に戻っていました。

星の影響を受けていたんだなと納得できました。


言葉が普通に出ていても、気持ちが上手く伝えられないとか、人と話すのが苦手というようにあらわれることもあります。


子育てに悩んでいるお母さん、結構多いです。

子供は自分と違う人格なので、自分の経験や価値観、テンポが全く通じないこともあります。

どうやって育てたらいいんだろうって悩んだら、占星術を受けてみるのもいいかも♡



© 2018 lisastar

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • White Facebook Icon