生命の木から考察するリーダーとしての在り方

今週は、これから占星術を教えていく人に向けたリーダークラスを開催しました。


私が所属しているアストロラシオUSAアカデミーでは占星術を教える人のことをクリエイティブリーダーと呼びます。



教えるという立場ならティーチャーのほうがわかりやすいのでは?と思うかもしれませんが、ティーチャーではなく、リーダーなのです。

教えるのではなく、一歩先行く存在として導くのです。


その時に大切になってくるのは、知識はもちろんですが、人生での経験や、今をどれだけ充実して生きているかだと思います。


「生命の木」を使いながら、今の自分に目を向けリーダーとしてどう生きるべきかについてみなさんと考察しました。

宇宙の叡智を地上におろすパスを見ていくと、謙虚さ、人生の楽しみ、自分自身の影の部分、ルーツ、ブレない軸、これらが重要なポイントになることがわかります。


これから、多くの生徒さんを導いていくリーダーとして、活躍を期待しています。


そして、迷ったときにはまた「生命の木」に立ち返り、初心を思い出してくださいね。


応援しています。



最新記事

すべて表示