風の時代、みずがめ座の時代、最近よく耳にするけど。。。

ベーシックの授業で最近よく聞かれる質問。


風の時代とみずがめ座の時代って同じですか?


メディア、雑誌、最近いろいろなところで目にするこの言葉。


大きく分けて3つのことを説明するのにつかわれていると思います。




まずは基礎知識。

占星術の世界では、4つの基本的な元素があります。

火、風、水、土

この4つに、12星座を当てはめています。

今回、話題に上がっているのは「風」です。

風は、ふたご座、天秤座、みずがめ座が対応しています。



①12月のグレートコンジャンクション


グレートコンジャンクションという言葉も、最近よく耳にするのではないでしょうか。

20年に一度、木星と土星が重なることを指します。

今年これが、みずがめ座の最初で起こります。

過去220年間、このグレートコンジャンクションは土の星座で起こっていました。

それが、今回はみずがめ座で起こる。

つまり、風の星座で重なるのです。

220年続いた「土の時代」から「風の時代」に変わっていく。


②冥王星がみずがめ座に移動する


12月に、木星と土星はみずがめ座に移動しますが、2023年から24年にかけて、冥王星がやぎ座からみずがめ座に移動します。

冥王星は、そのパワーのすごさから、サインが変わると時代や価値観が大きく変わると言われています。

このことを、みずがめ座の時代、風の時代と表現している人もいます。


③アクエリアスの時代


ニューエイジの間では、2000年ごとに春分点の星座が変わると言われており、2000年からはみずがめ座にはいったと言われています。

これは、古典的な占星術とは関係がないのですが、2000年を境に、インターネットなどが目覚ましく発展した時代背景などもありますね。

実際の春分点は、地球の歳差運動で毎年少しづつずれており、今は魚座にあります。

ちょっと、混乱しますよね。


違いが分かっていると、内容もつかみやすいでしょうか。


☆お知らせ☆


ベーシッククラス募集中

2021年に自分で星が読めるようになりたい方

自分のビジネスに星読みの要素をプラスしたい方

おすすめです。

12月半ば以降にスタートする予定です。

興味がある方はメールくださいね。

hello@hoshiyomilisa.com





© 2018 lisastar

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • White Facebook Icon