伊勢神宮

平成もあと1日に。

振り返るとあっという間の31年でした。


天照大神を祀る伊勢神宮

平成天皇も、先日、三種の神器とともに「神宮に親謁の儀」に参拝されていましたね。

神話の時代から続く、日本の天皇制度。

世界でも一番古いそうです。

また、元号が使われている国は今では日本だけだそうです。



今年1月、日本に帰国した際に、伊勢神宮に参拝してきました。

伊勢神宮のすぐそばに実家がある友人に、贅沢にも案内してもらいました。


すごい人数の参拝客でしたが、凛と張り詰めた空気感がすごかったです。

あんなに人がいて、あの空気感が出せるなんて、伊勢神宮すごいなと思いました。

ゴールドコーストのスプリングブルックと同じ気の流れを感じました。

参拝する時、友人が前に立った時には、白色の御簾が風もないのにふわっと上がりました。

これ、毎回だそうで、やっぱり地元の人は受け入れられているんだなあと、羨ましく思いました。


伊勢神宮参拝の時には、個人的なお願いでなく、感謝を伝えたり、世界の平和をお祈りするのだそうです。

みなさんなら、どんなお祈り、感謝をしますか?

私は、健康な体があることを感謝し、また家族で参拝することができたことを感謝しました。


占星術のセッションをしていると、大変な時期に立っているクライアントさんも多いです。

自分の持っている大切なものを全部無くしてしまったり、望んでいるものが手に入らなかったり。

でも、健康な体があれば、いくらでもやり直すことができる。

健康って本当に大切だなと思います。



おかげ横丁で、赤福ぜんざいを食べて、猿田彦神社までゆっくり歩いて行きました。



古事記ではサルタヒコは、高天の原から中つ国まで、ニニギノミコトを道案内したと記されています。

正しい方向に導いてくれる神様として祀られています。



そのすぐ横には、佐瑠女神社もあります。

ここは、芸能、スポーツなど技を磨く神様

天岩戸に隠れた天照大神が、岩戸から出てくるきっかけとなった神楽を催したのが天宇受売命です。


どちらの神社も、神の国とこの世をつなぐ重要な神様

こちらでは、たっぷり自分のお願いをしました。



今回、宿泊はエクシブ鳥羽別邸

早朝のお風呂がとっても気持ちよく、時間があればもっとゆっくりしたかった。


お寺めぐりも好きですが、神社のほうが、空気感がいいなと感じた旅でした。

古事記を片手に、今度はもう少しゆっくりきて、外宮から回ってみたいです。



© 2018 lisastar

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • White Facebook Icon